Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
Notice!!
「Rabbits Aperture!」 の一部です。

 画像などの無断使用・無断転載を禁止します。

Peace Out!
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
different bi..
from different bing..
sleep mats
from sleep mats
southern wri..
from southern write..
star in leat..
from star in leather
mp3 player u..
from mp3 player upd..
eight mile c..
from eight mile cre..
pedagogika s..
from pedagogika spe..
surge protec..
from surge protection
以前の記事
2006年 05月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
【 X-cafe】
befounddead
samuraiの気になる...
**LOVE MONGOL**
Chic & Sweet...
映画収集狂
プレゼン侍!パワーポイン...
水・水・水 No.2
DIAL116
カテゴリ
全体
Fotos
Life
Music
Movie
Other
News23
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
口を大きく開けて演技しよう
 就職活動、、昨日はちょっと外資系IT企業の説明会へと足を運んでみまたので、村上龍リミックスな文体で。

 ロビーに入った瞬間、そこは「マトリックス」のネオが最初に勤めていた会社であると思わせるような静かさと、白さと、広さを感じる造り。蛍光灯のしたには光を分散させる造りの格子。そちらでお待ち下さいとガッチリした男性が言う。実は朝から何も食べていなかったワタシは気合いでハイと大声で言い、ありがとうございますと付け加える。 見ると、目の合わないように配置された迷路のような机。応接セットはミース・ファン・デル・ローエのバルセロナナチェア。すげえ。ロングバージョンが3つ、いくらなんだと思う。そして音は一切しない。

スベンソン?
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-02-27 12:09 | Life
笑顔になる映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」
 田舎もたまにはいいこともあるようで、ふとミニシアターのWebを見ていたら半年ほど前に見逃していた映画がやっていることもよくあります。 3月になってからも「父、帰る」や「やさしい嘘」など、見ようと思って見れなかった映画がざくざくありました。

b0028450_2393884.jpg
 今回は、この映画「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」です。

 イスラムとユダヤという対立がバックにありますので、宗教や民族問題を重視してみれば、そう見える映画でもあります。が、それよりも日本人仏教徒のワタシには優しさが全体を包むような空気を感じる映画でした。中でもイブラヒムおじさん(オマー・シャリフ)の深みを帯びた笑顔がたまらないっす。彼に「笑えよ」と言われるとこっちまで笑顔になるような本当に暖かい笑顔の持ち主であること間違いなし。

 笑顔は人を笑顔にさせる。その人も笑えばその輪が広がる、つまりこれ、ラブ&ピース。そんな映画でワタシはいいです。
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-02-26 22:46 | Movie
OK へうぃごー
遅くもスタートの就活。

みなさんどうよ?って言いたいですわ。

ちょこまか移動することが増えるたびに音楽ライフから離れていく。
だからMP3プレーヤーとか欲しいな~って。。

欲しいものの駆け引きだと大抵は靴と服に負ける電化製品(笑)もうそろそろ買い時か・・・・・

More
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-02-16 13:03 | Life
色の使い分け「ロード・トゥ・パーディション」
ロード・トゥ・パーディション〈特別編〉

まず言おう。感動した。

 「父と息子」というテーマにめっきり弱いのは言うまでもないけれど、この映画、とても素晴らしかったです。見終わって久々にしびれる感動です。

 なかでも、色の使い分けがとても素晴らしい。くらい空と雨、青い空、そしてラストの白(シャイニングのような不気味なほどの綺麗さ)この3色の使い分けが見事の一言。見ている「こちら」をあくまでひっそりと「あちら」へ誘い、かつ少年と心を繋げるという感じですね。 1931年という時代背景もバッチリ出ていて違和感なかったです。

 それと、この監督「アメリカン・ビューティー」の監督とのことで、映像全体からわき出る清楚さは抜群かと思います。アメリカン・ビューティーでもありましたが廊下の描写がとても好きです。本物かどうか分からなくなるような不思議な3Dをなぜか作り上げていると思うのです。表現しづらいけれど、「奥に何があるんだろ?」とついつい思ってしまう、同時にその中心に小さく映る少年にただならぬものを感じてしまうから不思議です。

一度ご賞味あれ。
llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-02-10 23:57 | Movie
「しゃちょ~」と呼びたい
エキサイトブログ誕生一周年!おめでと~ございま~す!!

ということでプレゼント企画。社長さんとお寿司を食べる。に応募します。

続きが見たい?
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-02-08 20:53 | Life
風邪生活
 風邪が流行する季節です。流行遅れにならないうちにワタシは引きましたよ。
鼻水とか喉とか最悪です。ほんと。

ちょっと前に映画をばーっと見たけど、本気であんま動けないのが悔しい限り。

かげろう


 GAGAの配給でやってた「かげろう」。劇場で見たかったけど予定が合わず、知らないうちに忘れてた。そんな映画。
 フランス映画でとても頑張ってます。ただ戦時中をモデルに特に前半は進むので時代背景の描写がイマイチだったぶんだけ後半の良さが光ってないと思います。そこまで制作費がかけられないのかなってとこまで考えると頑張ってたんだと思うんですけど、やっぱネックですね。
 ストーリーもストレートでもなく、複雑でもなく、、。惜しい感じです。ただ主役の男の若さ、それゆえの突出感はとても共感するものが多くって、気分よく見れた。

ただただ惜しい。これに尽きる。
llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-02-07 19:43 | Movie
風邪と気合いの関係
大雪ですね~。
こちらも今年2度目の積雪ってところですかな。こんな天気で風邪ひいてる俺は何だかダサイわ~。起きたら昨日の風邪がひどくなってさらに鼻水が流れ落ちる始末・・・。

 でもワタシ、テストなのですよ!?

こうなると気合いです。「気合いだ~」じゃないですが何とか今日を乗り切らないといけないわけですよ、うん。頑張って頑張ってダラダラ鼻を流しながらテストですよ。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/ソルファ

さて、寝ますよ。
llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-02-02 18:28 | Life
新たなるスペインの風「ルシアとSEX」
「ルシアとSEX」観ました! って書くと、「ついにAVレビューかよ、おい」と期待する方も数人出そうですが、、普通(?)の映画ジャンルですよ。

b0028450_23464214.jpg この映画、情熱的なスペイン映画でありながら、話しがとても凝っていて一筋縄ではいかない。
そして、太陽と月という2つのコンセプトとサルバドール・ダリの絵画ようなシュールで熱い泥水のような愛、血の熱さがたまらない。
 借りたのはスペイン映画はやはり熱さを感じたかったのと、「トーク・トゥー・ハー」のパス・ベガが出ていたこと。でも予想外にストーリーの深さがあって本当にびっくりした。主人公の男(彼は小説家)の書く小説と過去の秘密、彼のイマジネーションの世界、それを読むルシア、過去の女、、過去と現在を複雑にからみつけ、小説を通じそれぞれの道が進んでいく。

 多少無駄なシーンも多くって多少見にくい部分もありましたが、全体として、カットカットの空気それぞれよかったんじゃないですかね。性描写とかあるんで勧めるにも人を選ぶって難点もありますがね。(笑)
llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-02-01 00:00 | Movie