Calendar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Notice!!
「Rabbits Aperture!」 の一部です。

 画像などの無断使用・無断転載を禁止します。

Peace Out!
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
different bi..
from different bing..
sleep mats
from sleep mats
southern wri..
from southern write..
star in leat..
from star in leather
mp3 player u..
from mp3 player upd..
eight mile c..
from eight mile cre..
pedagogika s..
from pedagogika spe..
surge protec..
from surge protection
以前の記事
2006年 05月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
【 X-cafe】
befounddead
samuraiの気になる...
**LOVE MONGOL**
Chic & Sweet...
映画収集狂
プレゼン侍!パワーポイン...
水・水・水 No.2
DIAL116
カテゴリ
全体
Fotos
Life
Music
Movie
Other
News23
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2004年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ゼミ会議
俺のゼミはとことん鬼だ。

 ひとまず俺が「風邪を引いて38度以上出てるから月曜までに会議するのはキツイ。」というニュアンスも多少込めて言ったのに2日後に会議を決定しちゃうくらい鬼だ。と言うか俺が言うてるのは「そんな重傷じゃないだろう」っと思ったらしい。それもすごい話しだけど。。

 そして今日は会議です。3時頃に始まってだいたい「終わった」というのが6時と9時半。2回の終わりがある。調子が真面目に悪く(というか今日も熱でした)アブナイのに最後まで居る俺。「エライんちゃうんもしかして!」と家に帰った今、思ったりもする。

 「そういえば」と言う表現をするくらい前になってしまった前期やけど、前期は前期で鬼のゼミ生活だった。俺が服に金をかける余裕がなく夏休みに諭吉を一気に爆発させたところから考えても、その忙しさはまさに「鬼」やったんでしょう。後期もこの鬼を製造してるメンバー自身がそれに振り回されておもしろくなるといいな。って自分で意識すると同時に密かに期待してます。

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-31 00:19 | Life
もっと早く借りるべきだった
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND[Def Jam edition]


 ジャパニーズラップっていう業界はいまいち発展しないな。ここでいうのは、ポップミュージックじゃない本気でラップってやつね。海外レーベルのDefJam(アメリカのR&B部門に宇多田ヒカルも在籍)が日本にDefJamJapanを作ってみてもいまいち・・・。高校の時に出来たからもう3年以上たってるんだけどね。あのときはこのレーベルに期待したもんだ。

 まぁ発展しない理由はさておき、今回の紹介は、DefJamJAPANにメンバーのほとんどが在籍する、ニトロマイクロフォンアンダーグラウンドのファーストアルバムです。(もしかしたら今は違うレーベルだったらゴメン)さっきも述べたけど3年前かもっと前のものですが、「早く借りとけばよかった!」と思える一作です。レンタルで借りれるのに借りなかった俺は何だったんだって感じです。今聞いても新鮮だし、一時有名になった日本人ラッパーみたいにパクリでもない。ビートもセンスを感じさせるし。
 最近どっぷりトランスとかテクノに浸かっていってるからかたまにこういうのとか聞くと元気が出るね。いろんなジャンルを聞くことは大事ですよマジで。

(llion)
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-29 16:57 | Music
ちょっぴり苦手・・・
先週の土曜日、名古屋までハンドボール部の試合の撮影に行ってきました。クルマで行ったんですけど、名古屋は走り慣れていないのでハンド部の友人のクルマに先導してもらいました。名古屋を走るのは3回目ぐらいだったんですけど、でもやっぱり名古屋は苦手です。ってかムリです!!なんであんなに道がややこしいんですかねぇ?大阪市内や京都市内を走っていてもそんな風に感じた事はないんですけど・・・。なんか、名古屋の道は体質に合わないみたいです。(^^;
で、肝心の試合!!中部地方の某M大学との試合だったんですけど、見事に勝ちました。これでうちの大学のハンド部は2部に昇格らしいです。ワ~イ♪(^o^)/

今回の撮影は久々のスポーツ写真だったので仕上がりは不安ですが、楽しかったです。後輩への指導という意味でもいい機会になりました。やっぱりたまには趣向の違う写真を撮るのもいいもんですねぇ☆

ただ今回の撮影小旅行・・・、大阪から行ったのでトータルの走行距離は約420km。睡眠不足で挑んだということもあり、さすがに帰り道は居眠り寸前で、京都市内のコンビニで仮眠をとりました。助手席に乗ってくれる優しい彼女でもいたらここまで眠くならないのに・・・。(汗
RB26

[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-26 00:24 | Life
DJ TASAKAとチャンダン香
 かれこれ夏休みくらいまでさかのぼることになるけど、実家近辺のビレッジバンガードで買ったチャンダン香がやっとの事で輸送されてきた。「別にこの辺で買っても、、」って思ったけども場所は違うものの持ってるものを買うというのはどうも贅沢な気がしたので放っておいたものだ。昨日は一日寒気がしていたのでさすがにベッドで安静にしてたけど今日は何とか復活って事でお香と共に兄から送られてきた膨大な音楽の中からDJ TASAKAの「Passport For Disco」聞きながらブログです。

 やっぱタサカにはチャンダン、チャンダンにはトランス、とイヤがオウにも思うね!実際に聞いてきたからその感動も大きい。
気を抜くとまだパワーがマックスになってもないのに踊り出す始末、、。てかまだ昼の12時やぞ!こんなんでは明日どころか夜までに死んでしまう。。なんて思うけどダメですね!タサカかっこよすぎっ!!


 でも「Rabbits Aperture!」にしてもこのブログにしても、確実にトランスを聞いて造った代物。思うにこれは、昨日読んだ岡本太郎の本によれば人間本来のパワー、つまりアヴァンギャルドであり芸術が一番出やすいのがこの状態だね。レイヴなんかでもみんな輝いてる。そう考えるとトランスは体にいいのか、、。
DJ TASAKA PASSPORT FOR DISCO


今日の芸術―時代を創造するものは誰か






(llion)
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-24 12:49 | Music
「誰も知らない」を見てきた
「誰も知らない」が近くの映画館でやっていたので見てきた。

 ちょっと自分勝手で家のことは一切しないお母さん(YOU)と長男(柳楽優弥、カンヌ最優秀男優)、そして近所には極秘にしてある長女と二男・二女。この奇妙な家族で、ある日、母が居なくなる。学校にも通えず、さらに「秘密」の兄弟、別れた父親達・・・家の前の階段、商店街、家・・・少ない登場人物・場所であるが一人の少年の心を通じて様々な心がかいま見られる。これがとてもいい。
 となるとキーとなるのは柳楽君だ。前半の平常の生活場面ではとても演技とは思えないほど素直で、まるで通常の彼を映しているよう。ここでは俺はカンヌまでの評価を与えるといった印象を受けなかった。(とはいえ邦画にありがちなアイドルを使った映画よりは数段上の演技だが) 何といっても見所は後半の生活が行き詰まり、精神的にもまいり始めた頃からだろう。これで見せていた純真さそのままに、さらに苦しく、悩み、欲求や成長とも闘う様が演技に見て取れる。ここに来てやっと「タランティーノは正解だった」と感じれた。

 作品の監督はいろいろ作ってる人だけど、「幻の光」がまぁ有名かなってところ。気になったのは音楽。”ゴンチチ”らしいですが、感情の交錯がいろいろあり監督としての能力が試される部分で一辺倒にあれを使うのはどうかと思った。もうちょっと頑張れば俺の中で「エレファント」以上のいい作品に仕上がってたと思う。それ以外の部分はあんなに頑張ってたのだから。。

 あと作品の最初にテロップが出るけど、これは実際の事件をモチーフにしてるそう。日本人としては、この世の中の単純さ、冷酷さが周りにも常に存在することをよけいに実感する一作。人は常にこの冷酷さの上で笑い、喧嘩をする。「エレファント」でも描かれた一面だ。ぞっとするが事実だ。「やさしさ」とかはそういうのの上にも、同世界にもある。けど、そういう事実を分からないヤツは帰った方がいい。

以上 llionでした。
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-22 03:05 | Movie
明日は頑張ろう。
映画・ドラマ
 異様に元気がない。起きた瞬間分かる。

 あ~そんなこんなで今日もサボっちゃった~!!まぁしんどかったのは事実。。(現実逃避)
もう駄目だって思って一日村上春樹を読んで日の締めくくりに「名もなきアフリカの地で」を観た。

>羊をめぐる冒険
今日のほとんどはこれを読んでた。村上春樹はいつもいつも現代を貫いていく感じがする。それもとてもさわやかに。さらに言うと、さわやかにSFでもある。




名もなきアフリカの地で
一日の最後にこれを観た。多少無意味なアップが気になる以外はいい映画だった。人はどんなに違った状況でも、どんなに困難があっても愛があれば生きれるのかも知れないな。と思う一作。


 そしてそして、俺も頑張ろう。
(llion)
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-20 01:22 | Movie
遂にダウン!?
夏休みほぼ休みナシで動き続け、秋学期が始まってからもゼミ&クラブに命をかけ続けた結果・・・遂にダウンしました。って言ってもただ風邪をひいただけなんですけどね。で、昨日はかなりグロッキーな気分だったんですけど、今日学校行ったら薬飲むのも忘れるぐらい忙しくて。。。これ、ある意味早く治るかも!病は気からって言うしネ☆

あ”~、最近本業(!?)の写真から離れた生活が続く・・・あー、部長さんなのに・・・がんばって撮らないと。現像しないと。こんなんじゃ後輩に示しがつかないわ。

先日後輩とヨドバシでEos Kiss7を見てきました。すっごい機能がアップしてました。愛用機のEos55にアドバンテージを見出すのがムリなぐらいにステキに見えました。あー、悔しい!!その後輩はどうやらKiss7を生涯の伴侶にするようです。いいないいなぁ~、新しいカメラ!でも、やっぱカメラとか見てると、写真やるぞ~って気になりますなぁ。ガンバルべ!!(^o^)/
b0028450_1103637.jpg

By RB26


[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-19 01:01 | Other
これを抜きには映画語れない
映画・ドラマ
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
 「これぞ映画、これぞエンターテイメント」的なことで語られることが多いスターウォーズだけど、これ本気で好きです。というかマニアに近い。

 初めてまともに見たのが中2だったかな。思春期であーだこーだ悩んでた時期だった。「ジェダイの復讐」を見て涙を流したからよく覚えてる。
 スターウォーズにはSFという以外に大きく分けて冒険、少年の成長、恋愛という要素がある。今のエンターテイメントの基本要素でもあったりする。
 
 そして、とてもじゃないけど熱い。濃い。一度見るだけで2ヶ月暮らせそうな気がする。そんな映画、俺はそう思うね。自分の道を信じ、さらには宿命と戦う。これがいいんよね~!
 とかく心がカサカサする季節には最高です。見てネ。

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-19 00:31 | Movie
映画をむさぼる
 今日はビデオの返却日。今週は体調を崩したせいで6本借りて今朝に4本見てないという絶望的な状況。

 気合いですね。

起きてすぐ「ルビー&カンタン」を観て、間髪入れずに「七人の侍」を観るという荒技!その後スパゲティをすすりながら「歓楽通り」を観、続けて「アシッドハウス」を観た。

大学を三年間もしてるのに女の影もない、休日やることないの浮き彫りやね!(笑)
でもまぁいいのさ。俺も淀川長治さんみたいに「僕は映画と結婚をした」と言えるくらい映画を観るのさ。







(llion)
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-17 03:50 | Life
スメハチのフードとレンズキャップ作り
幸か不幸か「やたら逆光に弱い」というのが定説となっているLOMOスメナ8M。

 先日RB26さんにAGFAのフィルムを買ってきてもらってついに噂のAGFAのフィルムケースが手に入ったので早速こちらのサイトさんを参考に作ってみました。ちなみに「情報室」に記載があります。

1.まずフィルムケースのフタを切ります。要るのは「フタの一番外側のリング」

      これを裏返す。とジャストではいる・・・・

・・・・・・・・はいらねえ!!
・・・・・・・・いや、はいらねえ。

llionはここで1日放っておきました。
見た目も触った感じも(俺のだけかも知れねえけど)径が違う。
でもみなさん入れてます。ここは勇気を出して行ってみよう!

あ、キタ。入ったんちゃう。

感想としてそんな具合で入ります。銅鏡の上部に2mm程のプラスチックが見えて正解のようですのであしからず。

2.フードにしたい長さ(2~3センチくらいがベスト)でフィルムケースを輪切りにする。

       これは簡単です。切り口が平らになるように頑張りましょう。あと、いつかの俺みたいに指をカッターで切らないように。血が出ます。

同様にフィルムケースの底を切ってキャップにします。

3.最後はこれを使いたい時にはめ込むだけ。
    これも俺だけかも知れないけど「どうもグラつく」って人はキャップ、フードそれぞれの差し込み面の外側にパーマセルテープなんぞ貼るとイイっす。

 これで速写ケースいらずです。「あとはミシンでケースを縫うかな」って考えるllionでした。

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-10-16 02:57 | Fotos