Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Notice!!
「Rabbits Aperture!」 の一部です。

 画像などの無断使用・無断転載を禁止します。

Peace Out!
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
different bi..
from different bing..
sleep mats
from sleep mats
southern wri..
from southern write..
star in leat..
from star in leather
mp3 player u..
from mp3 player upd..
eight mile c..
from eight mile cre..
pedagogika s..
from pedagogika spe..
surge protec..
from surge protection
以前の記事
2006年 05月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
【 X-cafe】
befounddead
samuraiの気になる...
**LOVE MONGOL**
Chic & Sweet...
映画収集狂
プレゼン侍!パワーポイン...
水・水・水 No.2
DIAL116
カテゴリ
全体
Fotos
Life
Music
Movie
Other
News23
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Movie( 40 )
やっぱノリスにはかなわない「ザ・プレジデントマン 地獄のステルスコマンドー」
地獄のヒーロー ザ・プレジデント・マン

 なにげに「デルタフォース」のUzi(サブマシンガン)2丁持ち以来チャックノリスは大好きです。アクション系ではジャンクロード・バンダムとS・セガール並んで好きです。

 この間、ふとネットのテレビ欄をみていると「ザ・プレジデントマン 地獄のステルスコマンドー」という題名が目につき、クリックすると「主演:チャックノリス!!!」。漂いすぎるB級アクションの空気。これは要チェック!と思ったものの、この辺はテレビ局の関係上映らなかったのでわざわざ実家に電話して録画、さらにお取り寄せして頂きました。

 届いたビデオには丁寧に新聞のテレビ欄を切り抜いたモノが貼り付けてありました。解説に「▽超ブシドーオヤジ出撃」ってなにこれ~!!!

 どんどん高まる期待と共に観ることになったわけですが、「ノリス~!!」と叫んで転げるほどおもろい映画ですよこいつぁ。 大統領の危機に極秘出動し、敵を殺すことも含めサポートするプレジデントマン(ノリス)と後釜候補の活躍を描く一作。
 「いくらステルスコマンドーだからって専用のステルス戦闘機に乗ってシャキーンって出撃しなくても!」っというツッコミから始まり、もう最後はのたうち回るほどの終わり方で去っていく、まさにチャックノリスのみが出来る荒技じゃないかと思う。「地獄の女囚コマンドー」並のどうしよもなさとノリスの融合ですね。

 にしてもDVD化してる点には驚きです。最近どれでもDVDで買える時代になっちゃいましたな。そろそろいいDVDプレーヤーを買う時期ですかね・・・。


こんな記事に追記:こんなもの見つけたよ。  プレジデントマン・ボタン2

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-01-13 21:51 | Movie
年末年始シリーズ第4弾「リード・マイ・リップス」
リード・マイ・リップス


これでひとまず三が日まで終わりです。


 「リード・マイ・リップス・・・・唇を読んで!という題名。そして、読心術。あたらしいし、おもしろそう。」 そう劇場で思ってたものの、観なかったのでした・・・。

 実は読心術が使えるという耳の不自由な女。とそこに刑務所を出所して彼女の助手として勤めることになった男。その男、実はギャングに借金があり、その女に助けを求めることになる。。 ボスの部屋を毎日監視する事になってしまった女、、そしてその気持ちも知らず指示を出す男・・。二人の愛と共に現金強奪計画も進む・・・・。

 スジが読めちゃうというのがこの映画の悲しいところ。期待のし過ぎか、俺が冷静すぎるのか。。話しが結構単純で、2人とギャング、それ以外あまり目立ったキャラもなく、クロスする話しがあるわけでもなく、「あ、終わっちゃった」って映画です。期待していただけにちょっと凹みました。映像は、、、普通ですね。

さて、平常運行に戻りますよ、私は。
llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-01-12 00:20 | Movie
まだ年末年始の整理「21g」
21グラム (初回出荷限定価格)


 「21グラムの意味を知った時・・・・」というテレビCMが印象に残ったのと、結構評価が高かったのが起点となって借りました。

 この映画を「感動」とかで売り出しちゃった宣伝マンに拍手。映画自体はほんとを言うとそんな感動作でもありません。俺としては心臓移植を受けた主人公が密かに心臓をもらった男の嫁と愛し合うフランス映画的な映画の方が良かったな。だから前半なんかはすっごく好きです。変なつきまとい具合とか、今までにない心の通じ方とかが。。

 そしてこれもたぶんキリスト教の考えを持って観るとまた違った感動があるのかもしれません。残念ながら仏教徒の俺にはいまいち消化不良の映画です。「あまりお勧めするほどではない」級ですね。

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-01-11 21:40 | Movie
年末年始シリーズ第2弾「ダブル・デセプション」
ダブル・デセプション-共犯者-〈デラックス版〉

 「インクレの次はコレかよ」なんて突っ込まないでください。「ダブルデセプション」はいろんな意味で、もの凄い映画です。

 まず主演が菊川怜!しかも全編英語ですよ!!おそらく菊川怜を国際派女優とか、才色兼備女優で売り出そうと考えて作られた一作でしょうが、本気でこの方の英語がひどい。演技の前にそこでまずつまづいちゃってます。はい。 主人公なのに喋れば喋るほど視聴者を悲しくさせるという、全く新しい映画であります。

 あらすじとしては、そこまで悪くないB級ハリウッド映画的らしいB級ハリウッド映画です。ラストシーンでは準主役の男が心臓を撃たれたにも関わらずマシンガン片手に1分以上生き続けるという奇跡も含まれてます。菊川さんの演技もそれに優る勢いですが、、、。 おそらく彼女の履歴から消したい一作であろうレアな映画です。昼のテレビをくまなく探してるともしかしたら、巡り会ってしまうかもしれませんよ。

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-01-10 20:36 | Movie
見た順に行こうその1「Mr.インクレディブル」
年末年始の映画を見た順に書いていくシリーズ!! 第一弾。

b0028450_2217157.jpgMr.インクレディブル


 初めて見ました「ピクサー作品」ってヤツですね。出だしのCMを見る限りヒーローもの気取ってるけど本当は「ロスト・イン・スペース」みたいな家族ものだという超一方的な予測が出来上がっていたせいで、本気で驚きました。 そりゃCGアニメーションなんですが、おそらくコレは子供向きではなく、大人向きです。

 訳あって特殊能力を使用することを禁じられた持ったスーパーヒーロー。再びスーパーヒーローに戻りたいと夜な夜な思っていた矢先、ある男から誘いが・・・・。そこで待っていたのは自分を含めスーパーヒーローを恨むシンドロームだった。
 まぁここから家族が助けに行ったりするわけです。しかしまぁこの色々ある中の映像がナイスです。「スターウォーズ ジェダイの復讐」「スターウォーズ エピソード1」「007 ムーンレイカー」「007 美しき獲物たち」あたりは見ておいた方がよいでしょう。不意打ちのように、しかも手の込んだ形でパクってます。本当にわらっちゃいます。ヤバイっすよ!!


絶好調らしいインクレも公開がもう少し。見てない人は劇場へ急げ!
llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-01-06 22:43 | Movie
今年のククリ。ベストムービーは何か?
今年ももう少し。みなさんメリークリスマス!!

さて、今年見た映画も色々だけど、ベストって何でしょう?
ブログ始める前含め考えると、こんだけ浮かぶ

1.パリ=テキサス
2.だれも知らない
3.さすらい 
4.東京物語
5.女囚さそり 怨み節
6.キルビル 1&2
7.ハウルの動く城
8.エレファント
9.25時

うーん、迷う!映画館で見て感動したのは「だれも知らない」か「ハウルの動く城」、違う意味でビビったのは「女囚さそり」。ビデオ部門ではヴェンダースが圧倒ですね。「パリ=テキサス」はホントにやられた映像の一つだし、ウエスタンブーツが欲しくなるあの土臭さはたまりません。「さすらい」もロードムービー3部作では空気が好きです。。そして、ヴェンダースの尊敬する小津も奇跡的なショットを連発し、、、「あ~決めれねえ!」

これ「ハイ・フィデリティ」な気分としましょうか。(笑)

こうなったらアカデミーみたいに分野わけしよう!俺の独断で。
いるのは主演女優賞、価値観変えた部門、差し迫る部門、感動部門、映像部門かな

まず、主演女優賞。ノミネートは「女囚さそり 怨み節」と「キルビル」だね。そすると賞は「女囚さそり」だな。

次、価値観変えた部門
「パリ・テキサス」「エレファント」「25時」「だれも知らない」・・・ダントツで「パリ・テキサス」!!次いで「エレファント」だね

調子がいいぞ。次は差し迫る部門
「女囚さそり 怨み節」「エレファント」「だれも知らない」「キルビル」
こう分けると「エレファント」がトップ。よし、差し迫る部門は「エレファント」で!

感動部門
「25時」「ハウルの動く城」「だれも知らない」「東京物語」
さあ受賞は・・・・
「ハウルの動く城!!!」「きゃー」って感じでハウル!!正直びっくりしました。いいですコレ。

最後、映像部門!!
「ハウルの動く城」「エレファント」「パリ・テキサス」「さすらい」「25時」「東京物語」「キルビル」
あ、決めれないです。これ。。
映像が綺麗部門では「東京物語」
映像が新し部門では「エレファント」
映像に涙が部門では「パリ・テキサス」

こんなんです。「結局決めれてねえよ」と突っ込まないで!!(涙)
どれも素晴らしいんでお勧め!見てください!!!
クリスマスにこんなオチで、どうでしょう?
ハイ・フィデリティ 特別版




llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-12-25 01:06 | Movie
人間の存在意義。「イノセンス」
イノセンス

 おかげさまで21になりました。最近、ハタチになった時よりも年を感じる機会が多いのが悲しい。。

 21になって初めて見たのが「ベン・ハー(前半)」。ラストまで見たのがこの「イノセンス」。
押井監督の作品はどれも生きることは何なのかを突き詰めている感じがする。とても大好きです。今作もそんなところがあって、年を重ねて最初に見るには最高の映画だったんじゃないかなって思ってしまいました。

 肉体、思考、すべて電子化でき、計算できたとしても、人間が人間でいると言うことは何だろう。人間が、人間であり続けるためには何がいるんだろうか。そんなことを考える。
 「俺は俺でだれにもできない俺である。」そう言えるように頑張ろう。

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-12-18 23:50 | Movie
絶叫大好き「スパイダーマン2」
スパイダーマン 2 デスティニーBOX

 友達がスパイダーマン2を借りてきたので見た。1はテレビで見たのだけれど、あのときの「あーあー」という失望からあまり見る気が進まなかったけれど、映像ジャンキーなのであれば見てしまう。
 

 今回の2は前回の失望というエリアをほとんどブチ超えて楽しいの域です。逆の意味で。
というのも。話がまずスパイダーマンの活躍。次に、主人公の恋、そしてまた事件、、この繰り返しなんですよ、これ。その間をすべて顔のどアップに「キャー」とか「ぎゃー」とか言って埋めちゃうあたりがかなり痛快!!

 印象に残っているのは敵(名前忘れたけど)が病院で暴れ始めて看護婦さんが引きずられちゃうシーン。「この顔ナイス!」とテレビの前で転げ回りました。スパイダーマンがどうこうを超えてこうしたシーンがめっちゃ多くて、笑えすぎです。デートなんかこれで行った日には違う席に座った方がいいね。笑う映画ですよ。

 「で、スパイダーマンの恋愛シーンとかは?」って聞きたい方。この映画にそれを求めるのはどうかと・・・。と言いたい。 まず、時間的なモノなのかシーンに無理がありすぎる。感情移入する前にたったたったと次へ行ってしまう。だからセリフも無理矢理。演技もあり得ない無理さ。これ見るより「キャー」「ぎゃー」で爆笑するべし。

総括。ハリウッド映画見て笑いたいならコレ。

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-12-16 23:50 | Movie
何でだろう、、涙が出てくるの。
千と千尋の神隠し (通常版)
 金曜ロードショーみました?「ハウルの動く城」関係でマネーが動いてるんだと思いますが、最近ジブリまみれですね。

 昨日、就活のイベント(コレが俺をとても憂鬱にさせた)から実家に帰ってテレビで「千と千尋の神隠し」見ていたわけなんです、が、、なんだか知らないけど途中で涙が出てきちゃった。
 何度も見た映画でなんか涙が出てきた。「何でだろう、」

本当にいい映画は観る人それぞれに内容を考えさせる。といっても金曜に限っては俺の精神の弱さが原因かもしれないね。

llionでした
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-12-12 03:24 | Movie
迷宮への招待「ハウルの動く城」二回目
「さぁネタバレアワー!!」と行きたいところでした。そう、、また、いややっぱり「ハウル」行っちゃいました!!2回目です。

 前回はハウルの世界観にたっぷり圧倒され、ストーリーを追うだけで頭がいっぱいいっぱいだったんです。で、本日2回目を見るにあたっては、どうしてもそれぞれの側に立った見方や、その世界でのテーマを探ろうと思ってたんです。「そーすればネタバレでも分かるんじゃん!」と思ったんですよ。マジで。


 ですが今日、衝撃の一言で「やっぱりネタバレなんかできない!!」ということを思い知り、さらには深い「ハウル」の迷宮へと足を踏み入れることになっちゃいました。


 みなさん、重要なのはソフィーが荒れ地の魔女からハウルへ託されたメッセージです!!
机の上に焼き付いたメッセージをハウルがちゃんと読み上げているこのシーン。最大の複線にして、迷宮への招待です!!


 もちろん、ここでその言葉が何だったか何て言いません。1回しか見に行ってない方はもう一度、2回見てても気付いてない方ももう一度、そして見てない方は要チェックです!
 ワタシはそのシーンに気付いた時「うっわぁ、やられた~あれがーあーなってこうなのね~!!」と思うと同時に「ってことはこう??」何て思い、一回目の左右の友人をよそに頭がえらいことになってました。そしてそして、何よりもエンディングすら違って見えてきたり、、。

 今まで友人にそのことを打ち明け、色々会話をしていたんですが、もっと分からなくなる一方です。エンターテイメントであり、迷宮であり、凄まじく大きなそれぞれのテーマを与えてくれる一作で、ファン泣かせ、それでいて誰でも見れる。ホントにこの映画凄いです。


ネタバレなんか一回も書けないままあと1回は見るんでしょうね。

「ハウルの動く城」素晴らしい!


P.S:TB、コメント下さったみなさんありがとうございます。このブログ開始以来の反響にllion自身びっくりしてます。再度TBさせて頂くことになっているかも知れませんが、よろしくお願いします。
llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-12-07 02:56 | Movie