Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Notice!!
「Rabbits Aperture!」 の一部です。

 画像などの無断使用・無断転載を禁止します。

Peace Out!
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
different bi..
from different bing..
sleep mats
from sleep mats
southern wri..
from southern write..
star in leat..
from star in leather
mp3 player u..
from mp3 player upd..
eight mile c..
from eight mile cre..
pedagogika s..
from pedagogika spe..
surge protec..
from surge protection
以前の記事
2006年 05月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
【 X-cafe】
befounddead
samuraiの気になる...
**LOVE MONGOL**
Chic & Sweet...
映画収集狂
プレゼン侍!パワーポイン...
水・水・水 No.2
DIAL116
カテゴリ
全体
Fotos
Life
Music
Movie
Other
News23
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アンコと餅的な「モーターサイクル ダイアリーズ」
 今日はふとした思いから、友達誘って「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見に行きました。というか連れて行ってもらった。全く計画的じゃないと言われましたが。。。シェイシェイ。

 基本的にミニシアター系にも変わらず公開前から結構宣伝してて、ファッション誌なんかにも力入れて露出してた本作。キューバ革命の指導者、チェ・ゲバラとその友人アルベルトの若き日の旅を描いたということで、たいがい書いてあります。

 実際に見ると、前半のロードムービー的な旅の部分と後半の南米の抱えていた問題(つまりこれが後のチェを育てる源となった)の部分の2個構成で、間がもの凄く不自然なセリフ回しで埋められていた。
 個々に見るとなかなかなんですよ。どうもこのおはぎを分解して食べてるような構成が、ぐぐぐぐっっと入り込めずだったもとかな。悪いと思う想いは沸かないけど、気付けばだれてる。みたいなね。

 さぁいつもの事ながら、ここからが弁解です。
 色々言うけど本作は個々に見れば俳優人も良いし、画もきれい、そして何よりチェ・ゲバラという男を知る上ではなかなか有意義な映画です。彼は革命かであり、指導者であり、ゲリラではあったけども、とても素直で、人々のことを考え、人々のために行動するヤツだということが改めてわかりました。
 よく、「行動してこそ、、」と言うのを聞きます。しかしそこには「誰のために」と言うことがよく抜けていることを思います。単なる自己中、それでは意味も何もないですし。。「人々のために」そして、新しい世を作るために、、。ゲバラは結局闘争へと走り、最後は「本当にその意味があったのか」とういうことまでやったけれど、人のために、もがき苦しみ、哀しみ、行動したから彼は民衆に支持され、今もキューバの人々の心に居続けるのでしょう。決して社会的に理解はされなかったかも知れない。それでも彼らの中核を貫いていたんでしょう。

 人間っつーのはホントに複雑なもんです。


(本日は「今日のエンドロール」さんにTB)
llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2004-11-15 01:37 | Movie
<< ポスト紳助の1番手に宮迫博之が... 精神病の映画、いや精神病が作った映画 >>