Calendar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Notice!!
「Rabbits Aperture!」 の一部です。

 画像などの無断使用・無断転載を禁止します。

Peace Out!
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
different bi..
from different bing..
sleep mats
from sleep mats
southern wri..
from southern write..
star in leat..
from star in leather
mp3 player u..
from mp3 player upd..
eight mile c..
from eight mile cre..
pedagogika s..
from pedagogika spe..
surge protec..
from surge protection
以前の記事
2006年 05月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
【 X-cafe】
befounddead
samuraiの気になる...
**LOVE MONGOL**
Chic & Sweet...
映画収集狂
プレゼン侍!パワーポイン...
水・水・水 No.2
DIAL116
カテゴリ
全体
Fotos
Life
Music
Movie
Other
News23
未分類
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映画連斬り 1 「蝉しぐれ」
そいえば最近映画を見ても書いてないので斬ります。

まずは「蝉しぐれ」
b0028450_0101061.jpg
原作:藤沢周平
監督:黒土三男
主演:市川染五郎 木村佳乃
CM:チェ・ジウ

あからさまにチェ・ジウが浮いたんですが(笑)、作品にはもちろん出てこないのでOKご安心を。


お話は、とある男と女のお話。
男は初めて女を好きになり、女もまた初めて男を好きになる。
男は剣術の達人、だが一方で没落の人生を歩む。
女は恋心なかばにして大奥へ、、。

成長し、二人がお互いについて意識もせぬようになった頃、藩の世継ぎ問題と派閥問題に絡み二人の人生も絡み合う。


 小さい、けどとても熱い愛を、どこまで人は守れるのでしょうか。という映画です。 友人に高校時代の先生のことが好きになり、今でも好きな奴はいますけど、、。それはいいとして、純愛は純愛でも「蝉しぐれ」はインテリジェンスで悩みと絶望にあふれています。愛ですよ愛。
 配役は、染五郎がとてもすばらしいです。 黒色にはそれ以外何の色もありません。が逆に、すべてが含まれているように、感じてしまいます。静けさと、深さととてつもない狂気が潜む色です。彼にはようなオーラがあると思いました。作品では全体によい影響を与えてますね。透明感というか、。 そして何より姿勢の良さっ!さすがは市川家だけありますよ、、。殺陣のシーンは本気でチビりそうになる程の迫力です。
 あと、能のシーンがあったのですが、これは「美の呪力」(岡本太郎著)を読めば分かるように仮面の発する非日常性、恐怖と、それを付ける者の一体となった恐怖、迫力を感じました。映画にあんな形で入れてくるとはやられたの一言。これ、アヴァンギャルドですね。
 それと風景の良さね。臭うような田圃のなか。坂道、空、川どれをとっても臭いそう。たまにそれが行き過ぎて映像散歩的になったのは否めないのですが、やはり本物の土地は違います。ニオイがする。

 日本映画を見直すと共に藤沢周平を読んでみたくなる一作、間違いなし。チェ・ジウ効果でおばさんとおじさんばかりだったけど、実は同世代の若者にみて欲しい一作でした。

llion
[PR]
by rabbits-aperture | 2005-11-21 00:11 | Movie
<< 映画連斬り 2 「エリザベスタウン」 プロジェクト シックスハーフ >>